氷点下のエアコン・給湯器について

ブログをご覧の皆様こんにちは。
株式会社 新洗組の筒井です。

大雪が降ってから明日でちょうど一週間になりますね。
ここ最近は何十年ぶりの寒さとの事で、東京の人はここまでの寒さは味わうことがないので、なかなか適応できないですよね・・・

☆エアコンについて☆

エアコン屋さんなのであまり声高に言いたくはないのですが、実はエアコンは寒さに弱い暖房器具です。
特に、外の温度が氷点下になった場合、極端に暖房能力が低下してしまいます。

壊れているわけではないのですが、特に先日の様な雪の日は、室外機が雪に囲まれて空気の通りが悪くなってしまったり、霜がついて凍りついてしまったりして運転を妨げてしまいます。
ですので、氷点下の地域ではエアコンは一般的では無いそうです。

インターネットで調べてみたのですが、あまり無理に温めて氷を溶かしたりもおすすめできないとの事でした。
(※エアコンの効きが悪いのは、寒すぎるだけが理由ではないので、修理や交換が必要な場合もあるかと思います。)

雪があからさまに室外機の周りに降り積もっている場合には雪を空気の通り道を作ってあげると良いと思います。

この時期はエアコン以外の暖房器具もうまく使ってあげると良いと思います(*^-^*)
ストーブはやけどや火災の原因になることもあるのでお気を付けください。


★給湯器について★

冬の凍てつく夜には給湯器が凍結してしまう事が多々あります。
ここ最近の冷え込みで其処彼処で水道管が破裂しているそうです。
給湯器の凍結の場合、時間をおいて、自然に溶けるのを待てば解決することが多いですが、給湯器のコンセントを抜いてしまったり、ブレーカーを落としてしまったりすると、自動的に発動する給湯器の凍結防止ヒーターが働かなくなってしまい破裂してしまう事があるようです。

なのでお家を開けるときは、ブレーカーは落とさないほうが良さそうです!

少しでも参考になれば幸いです(^O^)♪

慣れない寒さで今まであまり気にしていなかったことも気を付けなければなりませんね・・・
早く暖かくなってほしいですね。切実です(◎_◎;)

☆エアコン・電気工事・内装・リフォームは新洗組まで☆ お問い合わせ☆
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株式会社 新洗組
住所 東京都調布市上石原1-36-3

●空調電気工事部
TEL: 042-499-6733
FAX: 042-443-6311
E-Mail: info@shinsen-you.com

●内装部
TEL: 042-444-1176
E-Mail: naiso@shinsen-you.com

URL: http://www.shinsen-you.com/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・♡

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>